スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュウツーの逆襲

2007年07月23日 17:44

を見ました。わー、懐かしい!色々と!
取り敢えず見てて思った。この頃のポケモン、萌えが無いなー。ときめきは無い。でも感動は相変わらずだった。10年越しでもじわりと来る。この映画のテーマは、今考えてもずしりと来るものがある。

それに引き換え、今年の映画では私はなーにを見てたんだか(笑)。まあ明らかに娯楽色が強くなったのは確かですが。
ヒカリたん萌えと、あとパルキアに萌え人が少なからず居る筈。
いやね、今年の映画、ディアルガとパルキアが出てくる訳ですが、優勢だったとは言え、如何見てもディアルガがパルキア萌えの為の噛ませ犬にしか見えなかったんですが。
でも此れは此れで悪く無いと思いました。DSのソフトのダイヤモンドとパール。どちらが売れているかと言われれば、ダイヤモンドなんじゃないかな。ディアルガとパルキア、どちらが人気かと訊かれれば、恐らくディアルガ。
人気のある方に美味しい役やらせるのはやっぱり詰まらないと思う。
つまりはこう言う事よ。
今年の映画ではなーんかイマイチ影が薄かったパルキアを萌えポケモンに昇華する為のプロモーションでもあったんだ!(違)
だって現にほら、映画のパルキアは見てて何か萌えるじゃん!劣勢な割にはしぶとくやられないし、手傷負ってる割にはあくうせつだんはときのほうこうと互角だし。
……こう書いてるとディアルガがへたれに見えてくるな……。

取り敢えず今年の映画は萌えが一杯詰まっていたと言う事。


風邪引いて頭が廻らんから、自分でも何書いているのかさっぱり……(汗)。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://k326.blog7.fc2.com/tb.php/818-e0bdb9d5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。